ファイナンシャルプランナーに相談するメリットを知っていますか?

 

保険や資金の事は素人ではなかなかわからないところがたくさんあります。
特に保険においては多種多様な保険内容もあるので、
自分に本当にあった保険を選ぶというのはとても難しいですね。
ですがそれもお金についてのプロフェッショナルであるファイナンシャルプランナーに相談すれば解決します。

 

  • 結婚を機に保険を入りたいと思っているが、独身の時とどうやって変えた方がいいのか?
  • 保険の更新で保険料が上がりそうだから保険を見直したいと思っている。
  • 急に入院することになったら今の保険で安心できるのか?
  • 子供を大学卒業まで進学させたいが資金はどのくらいあった方がいいのか?
  • 年金だけで老後は賄えるのか?
  • 保険はライフステージのどの段階で変更していけばよいのだろうか?

このような保険に関することは人によって様々です。
疑問や不安内容も人それぞれでしょう。
そういった不安を解消するためにもまずファイナンシャルプランナーに自分の希望や目標また不安なことを少しでも話しておくことが今後の人生においてとても有意義なものになっていきます。

 

メリットその1:これを買ってもいいのかな?という不安から脱出できる

1万円以下のお買い物なら例え損をしてもそこまで人生においてそうはありませんが、夢のマイホームを購入したり車を購入したりと多額な資金を要するものはなかなか一人で判断することは難しいですよね?
そういったこれを買った方が良いのか悪いのかという不安を脱出するためにもファイナンシャルプランナーに相談することが一番です。
住宅の営業マンやメーカーにお金の相談をしてもやめたほうがいいですよとはなかなか入ってくれません。
住宅の営業マンも家をお客さんに占いと成果を上げられないし銀行の営業マンもローンをお客さんに組んでもらえとお給料がもらえません。だから最後には買って大丈夫ですよという風に言ってしまいます。
なので第三者的な立場で冷静に判断できる人を置くことが重要です。

 

メリットその2:お金について自分が一から勉強する必要がない

住宅のローンや購入のための資金の運用方法などその手の本は本屋に行けばたくさんあります。ただそういった本を一生懸命読むのは時間がかかりますし、そういった本を読むのが嫌な人もたくさんいるでしょう。ですがファイナンシャルプランナーに相談すれば自分が1から相談する必要はないので時間の節約につながります。

 

メリットその3:土地選びや住宅会社選びに集中

ファイナンシャルプランナーに相談することで、どのくらいの金額で購入すればいいのかおおよその目処が立ちます。だからお金について一から勉強する時間を削って自分の好きな土地を選んだり、どのようなサポートをしてくれるハウスメーカーを選ぶという時間を費やすことができます。
なので土地を買う人は土地と住宅の金額のバランスや購入の目処がやりやすくなります。
ま+でに土地を持っている人はその土地を利用してどのように資金が運用できるかといったことも考えられます。

 

メリットその4:子供の教育費を払っていけるが分かる。

ファイナンシャルプランナーに相談せずなんとなくの感覚で家を建てたら住宅ローンの返済が苦しくなってしまった。
その結果子供を大学まで進学できなくなってしまった。そんなことが起きたら大変ですよね。だからそうならないために子供の教育費をしっかりと確保してどういう時にどのように使っていけばいいのかといったことを明確にする必要があります。そうすることで子供を希望する大学に進学させられたり留学させてあげることも可能でしょう。

 

メリットその5:自分が立てた資金計画が間違っていないか情報修正できる。

時々熱心に自分自身で研究して計画を立てている方もいらっしゃいますね。しかし勉強をたくさんしているからこそこれで本当に合ってるのか不安だという人も多いです。
また自分自身で計画したプランはやはりどこか穴があります。
そのような問題点を修正するためにも、
本に書いてあることを以外の知識や手段を手に入れるためにも、ファイナンシャルプランナーに相談することをお勧めします。

 

メリットその6:ローンの返済に心配しなくてよくなる

人間は1から2年先の未来は何とか見えるといいます。
ただし5年や、年先の未来も見えるかというとなかなか難しいと言われています。
住宅ローンは長ければ35年の付き合いになります。
そのような長期的な視点で物事を考える場合とりだと限界があります。
ましてや借金・ローンとなると精神的なプレッシャーも大きくなるでしょう。
そういった不安を払拭するためには専門家からのアドバイスを受けて、
どうやってお金を稼いでいけば、どのくらい支払っていけば、
しっかりとローンは返済できるのがわかります。
お金に関する不安はとても精神的にきついものがあります。
ただファイナンシャルプランナーに相談することでそういった不安から解消することはできます。

 

メリットその7:マイホームを購入してからもお金が貯る仕組みを作ることができる。

住宅の購入を機にたくさんできることがあります。

  • 家計の見直し
  • 家づくりの経費削減
  • 生命保険の見直し
  • 住宅ローンの見直し

これらを適切なタイミングで変更したり洗濯したりすることでその人の人生に残るお金は数百万円から数千万へと変わっていきます。
保険の見直し方
保険は年代別に見直しておくことをお勧めします。
というのも年代によって様々なライフステージが出てくるからです。子供が20代になれば親から独立していくし仕事をリタイヤすれば老後のプランについて考える必要があります。

 

20代

20代は独身だったり結婚したりなどなど多様な世代です。
また生命保険の加入時期を考える時期です。さらには自己投資や将来に向けての資金を作ったりと今後の人生においてどういった洗濯をしたいのかといったことを重視しながら選ぶことをお勧めします。

 

30代

この時期では責任も大きくなる世代です。一教育費や住宅ローンの支払いと何かと出費が多くなる時期です。
支出と保障額のバランスを取りながら現場に合った保険を選んでおきましょう。

 

40代

子供の教育や住宅など出費が増える世代。
子供が成長しこちらも教育費は住宅ローンの支払いが多くなる時期です。
この時期は保険の見直しや医療保障の見直しなどをして少しでも出費を少なくするような計画が効率的かと思います。

 

シニア世代

会社員であれば定年の延長で働く時間は長くなってきます。この世代においては健康不安が高。時期ですだからリタイアした後の老後の資金対策などを明確にするために資産の確認や収入を見直す必要があります。

 

このような保険の選びや剪定の仕方などはなかなか一人では行うことはできません。ただお金のプロフェッショナルであるファイナンシャルプランナーに自分の要望をしっかりと伝えることで、
今後自分がどういったライフステージに行ったとしても適切な行動をとることができます。

 

『オススメは東大式FP!』

私がオススメするのは【 クロス・デジタル・イノベーション社】が提携している
『東大式FP』です。ここは 将来の生活設計や資金計画、保険の加入状況などをヒヤリング。一人ひとりにぴったりのライフプランを無料で面談してくれます。
セミナーもやっていて満足率は脅威の95%越えです。

 

東大式FPの評判一覧

 

このご時世なので、老後の資金について相談しました。細かく相談に乗ってくれて適切なアドバイスをしてもらえたので悩みが解消されました。セミナーでの説明もとても分かりやすかったです。

 

こんなに信頼が持てる会社は初めて!色々な業務を行っているようですが、私が力になっていただいた事は資産運用ですが、結構不安な事もありましたが丁寧で女性でも伺いやすいセミナーも頼りになりました。最高のプランナーに出会えた事に感動。

 

色々初めての事ばかりで最初戸惑っていたのですが、こちらの会社に助けられました。私は女性なのでセミナーとかにも興味があり、女性向けのセミナーを探していたので大変良かった。他にもマーケティングやアプリ、システム開発など様々な内容に特化しているよう。AIコンサルの話は特に気に入りました。

 

将来の資産相談に乗っていただきました。自分では、なかなかどうしたら良いか分からなかった事が短期間で解決出来て本当に感謝。保険業界だけではないファイナンシャルプランナーは今までに出会った事がありませんでした!

 

資産相談をしたいと思っており、知人からの紹介でこちらにお願いしています。自分に最適なファイナンシャルプランナーが分からず困っていましたので、細かくお話をし聞いて頂きました。数々紹介して頂いて、今では自分にピッタリなfpが見つかり良かったです。

 

お金の話はどこでもできるものじゃなかったので良い機会だと思って参加しました。話が終わったあとは将来について考えさせられました。

今後はもう少し貯蓄や将来のことを気にかけようと思います。


 

なかなか勉強になったと思います。個人間で話すことがあってもこうして自分から足を運ぶことはなかったんですが、

知り合いに連れられて。自分の将来について少しは真面目に考えてもいいと、良いきっかけになりました。


 

知人のおすすめで、FPさんに相談させてもらいました。なかなか貯蓄ができず将来が不安でしたが、詳しく教えてくれて光が見えました。素人にも分かりやすい説明で良かったです。

 

FPの相談は有料で行うところも多いですが、
まずは東大式FPによる無料相談で自分たちが思い描いていることや悩んでいることを相談し、
今後の人生に必要なものや問題を洗い出しておきましょう!
↓のリンクより申込ができます。

 

 

全てがうまく回っている時、人生設計について、考える人は少ないでしょう。何か違う。何かを変えないと。人はそう感じ始めることによって、これからのことを考えます。

 

そのきっかけの一つが、ライフイベント。就職や結婚。出産、子供の進学。転職、異動、転勤、定年。身の回りで環境の変化が生じた時。それがライフプランニングを始めるチャンスです。

 

人生思い通りに行く人は稀です。ほとんどいないと言えるでしょう。
思い通りに行かない時。人生の岐路に立った時。そんな時、ライフイベント表を作成してみると、気持ちの整理ができます。

 

生まれてから、今まで。そしてこれから先。一枚のシートに自分の年表を書き込んでいきます。

 

すると、過去から現在。今までに起きた出来事を俯瞰して見ることができます。

 

小学生の時、どのような子供だったのか。どのような家庭で育ったのか。現在の自分はどのような状況か。

 

一枚のシートに書き込んでいくと、過去の様々な思い出が蘇ります。思い出されることは、たいていは楽しかったことでしょう。
でも、悲しかったこともあったはず。
そしてこれから。
これから先、自分はどのように生きるのだろう。どんなことが待っているのだろう。
結婚したり、子供ができたり。家を買ったり。定年を迎えたり。様々な出来事、ライフイベントを経て、人は人生の終わりに向かいます。

 

日常の生活の中で、人生の終わりを考えることはないでしょう。いつまで自分が生きるのか、知っている人はいません。でも、作成したライフイベント表のどこかに、人生の終点が刻まれているのです。
あなたが大学生なら、あと80年くらいの時間が拡がっているのかもしれません。でも、定年退職後なら、それは20年くらいのことかも知れません。
限られた時間を確認しながら、毎日を十分に楽しく生きる。それが、ライフイベント表を作成する本当の目的なのかもしれません。

 

ライフイベント表をご覧になったことはありますか?。一生の時間を一枚の表にして、その上にさまざまなライフイベントを書き込みます。

 

誰も自分の未来はわかりません。しかし、一枚のライフイベント表を作成することによって、自分の人生を客観的に考えることができます。
価値観はひとそれぞれ。経験によって変化します。結婚、出産、転勤、定年、介護など、様々な経験を重ね、節目を迎えるに従って変わります。
しかし、生きている限り、目の前に待ち受ける時間は有限です。その時間をどのように使うか。ライフイベント表を目の前に置き、人生の残り時間を目で見ると、今の生き方、この先の行く末を具体的に考えるようになります。自分にとって本当に大切なものが何かを考える、これがライフイベント表をつくる一つの大きな目的です。
一生の時間を目の前で感じてみる。
人生を数値で管理する
ライフプランを考える上で指標となるのは時間とお金です。時間を表すライフイベント表が準備できたら、次にお金の流れを表すキャッシュフロー表を作ってみましょう。

 

キャッシュフロー表はお金の出入りを把握するためのもの。年間の収入と支出、貯蓄をまず紙に書き出してみましょう。そして、それをライフイベント表の上に書き入れていくと、今後、いつどれくらいの資金が必要か見えてきます。

 

ライフイベント表とキャッシュフロー表を詳細に分けて作る場合もありますが、まずは一枚の紙の上で作成してみましょう。そして、この二つの指標を元に人生を考えます。
会社員であれば、おおよその生涯収入は想定できます。しかし、変化の激しい昨今の状況では、賞与減、配置転換など、突然の変化が訪れることも珍しくありません。
しかし、ライフイベント表を前にして、自身に起きた変化を客観的に見られるようになれば、どんな変化も一つの修正作業ととらえることができるようになります。例えば、子供ができたとします。これを数値化すると、人によっては配偶者の収入減と家計支出増を意味するかもしれません。収支の面だけを見ればマイナスです。しかし、幸せは確実に増していることでしょう。

 

ライフプランを考える上で重要なのは、数値化できる時間とお金を管理することです。指標に振り回されるのではなく、自分にとって大切な価値を守るために、この二つの数値を管理するという心構えが重要です。
人生を大きく左右する三つの大きな支出。それが、生活費、教育費、住宅費です。これらの三大支出を管理することが、人生を通してお金の出入りを管理し、ライフイベントをうまく乗り切るための鍵となります。

 

更新履歴